◀前 【04.里仁篇:第01章】 次▶
子曰。里仁爲美。擇不處仁。焉得知。
のたまわく、じんなるをしとす。えらんでじんらずんば、いずくんぞなるをん。
先師がいわれた。――
「隣保生活には何よりも親切心が第一である。親切気のないところに居所をえらぶのは、賢明だとはいえない」(下村湖人『現代訳論語』)